廃校リノベーションDIYワークショップ@旧和木小(第3弾!)

ひろしま さとやま未来博2017』という広島県全体のプロジェクトが現在進行中です。

新しいイベントが開催されたり,元々行なっていたイベントが更にパワーアップしたり,プロジェクトを通して,広島県内の様々な取り組みを知ることができます。

『ひろしま さとやま未来博2017』については,以前このHPでも掲載していますので,その記事もご覧になってみてください。(ここをクリック→「旧和木小の廃校リノベーション進行中」

 

未来博の一環で,廃校リノベーションというプロジェクトがあります。

(上記の記事にも詳しく書いていますが),世界的に有名な建築家である隈健吾氏の監修のもと,広島県内3校のリノベーションを行うというプロジェクトです。(さとやま未来博廃校リノベーション)

 

旧和木小学校では,「廃校リノベーション」の内の1校に選定される以前から,地域の方々の手によって少しずつ整備が行われ,「和木地域ふれあい交流センター」として使用されていました。

選定後は,地域内外の方々が集まり,旧和木小学校が目指す未来像について話し合いを重ねてこられ,その参加者や実際に和木地域ふれあい交流センターに携わっている人々の要望をもとに,リノベーション案が完成し,現在リノベーションが進行しています。

 

今回,そのリノベーションの一部に,一般参加者も参加しDIYで行うというワークショップが開催されます。

すでに,9月30日(土)と10月1日(日)に開催されましたが,今回は第3回目。

第3回目は10月7日(土)10時半からです。

ワークショップ内容は,校舎外に設置予定のテラスのサンシェード(日除け屋根)の製作です。

サンシェードも唯の布ではなく,和紙デニム生地。

広島らしさにとことんこだわったデザインです。

お申し込み等は,廃校リノベーション@和木小をクリックして,申込んで下さいね。

 

⭐️前回の様子を少しだけ載せます⭐️

1回目と2回目を合わせて,約100人の方が参加されていたそう。

みなさん,「旧和木小学校」がどう生まれ変わろうとしているのか,そして自分たちがどう関われるのか,にとても関心が高くなっているからなのでしょう。

〜クラウドファンディングの特典である下駄箱を製作〜

普通の蜂の巣状の下駄箱じゃないことにビックリ。
全部並べたらどういう風な雰囲気になるのか楽しみです。

 

〜校舎2階の共有スペース天井にあるランプシェード〜

大小様々な大きさのランプジェードの元で,みんなで話して楽しんだり,

時にはランプシェードに隠れて秘密話ししたり♪

 

 

 

2017-10-03 | Posted in 取り組み事例No Comments » 

関連記事